誕生日、怖い。

f:id:kumi60301111111111:20180614061213j:plain

 

後、5年もしたらこういう格好出来なくなる、とゆーか自分では「変」と思っていなくっても「変」なのかもしれない。

 

加齢の苦しみって美人(って自分で言っているよ、ハハハ・・・)

 

 

の方が苦しいかも!

 

 

生まれてからずーっと「この調子」で生きてきて、たかが半世紀も生きないうちに

 

「はい、これからは、お洒落したら痛いって言われるんですよ」

 

なんて神様ってなんて残酷なんだ。

万年床脱出作戦と猫。

f:id:kumi60301111111111:20180612070217j:plain

 

f:id:kumi60301111111111:20180612070242j:plain

万年床を止めた、背中が痛くなくなった、猫ボケーッとした顔している、かわいい猫。

 

 

最近、猫が吐いて痩せたから心配してオロオロしていたら、昨日突然元気になって飛び蹴りされた!

 

 

猫って一体・・・何年暮らしても神秘的だ・・・。

暑い・・・。

苦痛な暑さだ・・・湿度が高い、苦しい暑さだなぁ・・・

 

ユーチューブって今日見ていて「とっても不思議」と思った。

 

20代の頃の岡本夏生が出ていて(古い「ぎにあぶれいく」)

 

それから「うん十年後」の「五時に夢中」でコスプレしている岡本夏生が見れる。

 

なんか画面の上で時空がアッチコッチ飛んでいくよう・・・とゆーかよくこんなもの保存していたな・・・と思ったり。

 

素人が「奇芸」していたり不思議な空間だなぁ、ユーチューブって、私にとっては「音楽プレーヤー」だけれど。

 

 

苦しい。

読書会で知り合った人に酷い事をしたような気がした。

 

気がしたと曖昧な表現なのは、「目の前で何か起こったのではなく」(注 目の前で暴言的な)

 

なんかメッセンジャーで沢山書き込んでしまった、私は過去、ネットで知り合った人から

 

ブログでリベンジポルノめいた事をされたり、変なトラウマ感があって

 

最近は、一人で居てもスマホの電源は敢えて切ったりパソコンも(私は「昭和な人」なのでパソコン派、だいたいスマホから文字も打てない)

 

立ち上げないように気をつけたり。

 

でトラウマ感から、誰に対して打っているのか分からなくなった。

 

送信している相手が途中から私を今まで苦しめてきた人達のような気がして。

 

 

私の事よく知らない人だったら驚く反応だと思う。

 

悪かったなぁと思うけれど。

 

もうすぐ、43歳だから、今年も一人で誕生日(でも弟が祝ってくれると)

 

この年でも、兄弟とか猫では埋められない穴がある(やらしー事を想像するな)

 

心の空虚さだっつーの、がある。

 

とゆーか、「今年もクリスマス一人 ぐすっ」とか「今年も誕生日一人ぐすっ」

 

とか結局根本的には若い頃から変わっていない私。

 

・・・幼稚なのだろーか、とゆーか、成長していないとゆーか。

 

引っ越して、1年以上たった。

 

猫が今年も元気で居てくれるといいなぁ。

安室奈美恵について

感慨というものが一切ない、安室奈美恵ってなんなんだろう、と思うとおそらく90年代アイドル冬の時代に遡る訳だ、あの頃、アイドルから出発して泣かず飛ばずで、名目上アーティストで売れ出した事実上アイドル(複雑な・・・)が結構居て、浜崎あゆみも売れる前一旦アイドルで売り出したアーティストだし、華原朋美もそうだった、で安室奈美恵も、その一人だった(出てきた時「スーパーモンキーズ」って今思うとなんつーグループ名だ)で今回の引退、本当「変な人」って思った、結婚引退でもない、40代って中途半端、理由もちゃんと話さない。結局やっとわかった、これもネットが関係ある、浜崎あゆみが「引退しろ(それが仕事なのに人事部でもないのに)このデブババア」とあっちこっちで書き込まれているの見たら怖くなったのではないか、ラストツアー、チラッと見たけれど、まだ体は綺麗だったが数年後あの格好は出来そうもない、というか今の段階でできている事自体、すごいとは、思う。でも、私には「潔い引退」というより「逃げた」に見えるのは気のせいだろうか。

一茂という男。

この間、金スマに一茂が出ていた。

 

だいたい、我々が知っている「一茂の半生」が紹介されていて、私は野球にも

 

一茂にも、特に関心はないから、「なんとなく知っている」程度の話をずーっとしていた。

 

白眉というか圧巻(?)だったのは「結婚を決めた理由がノストラダムスの予言で当たらなかったから」

 

結婚とノストラダムスの関係性も意味不明だし(死ななかったとかどーせ死ぬんならとか意味不明な事言っていた)

 

 

こんな事書きながら私は一茂ってすごいと思っている。

 

本物の「馬鹿息子」なら野球を止めた時点で終わっていただろうし、今頃いくら親父が「ああ」でも少年野球のコーチ止まりだったのではないか。

 

世間が思っているより一茂は頭は良いと思う。

 

 

ただ、ものすごく変人なだけで。

 

日本で私一人、いしだ壱成を擁護する。

細かい事は知らないけれど(私、ツイッターあんま見ないんで)

 

いしだ壱成が「頭髪(要するに禿げ)」について一般ユーザーから、なんか書き込まれて、

 

激昂して結果ツイッター削除したらしい(もう結構前の話題かも)

 

↑の問題の真の問題点について述べてみたい。

 

まず、他人に「禿げ」と言われたら腹が立つだろう、テレビでダウンタウンの松本に「頭髪に触れられた時」壱成は怒らなかった。

 

どうしてか?ちゃんと理由があると思う。

 

まず「目の前」で言われたら「言った側」の見た目も分かる。

 

つまり「禿げ」と言われたら「チビ」と言い返せるだけれどネットというのは、有名人の瑣末な事情は知られていても(つまり一方が一方を知っている)

 

 

いしだ壱成の側は「禿げ」と言った(書いた)他人の容貌を知りえない(匿名で知らない人だからね)

 

これは、「禿げ」という言葉より、文字というものは、目の前よりキツいという問題を孕んでいる。

 

例えば、「菊次郎の夏」みたいな映画でたけしが「馬鹿野郎」と言う時、腹を立てる人はいない「言い方」が優しいからだ。

 

文字の問題点は「言い方」が伝わらない、そして「言われた他人(有名人)は知られていて言った他人は知られて居ないから「言われた側」としては、言った側が「はげているのか否か」確認できない。

 

又、「他人の容貌に口出しできる程の容貌」かどうかすら分からない。

 

つまりフェアではない。