君の隣に居る人間をちゃんと見よう。

文字っていうのは、難しい側面があって「口調、雰囲気」が伝わらない訳だ。

 

だから誤解が生じる「コミュニケーション」だから「絵文字」だの「顔文字」だの使って「誤解を回避」する為に我々は涙ぐましい努力(大袈裟)をしている訳で。

 

とにかくだね(誰に言っているのか)

 

ツイッターだのインスタだの、フェイスブックだのブログだの(ま、なんだかんだで全部やっているけれど)

 

で「他人を判断したら駄目」

 

「そこはそこ」「現実のその人はその人」別物とは言わない。

 

 

若干「印象が違う」のは事実でしょう。

 

 

だからね、「目の前」や「隣」に居る時の「その人」が「真実のその人」なんだよ。

 

 

そこで「判断」しよーね。